スピーチの悩み、プロンプターが解決

ビジネスはもちろんプライベートにおいても、スピーチの場が多くなってきています。スピーチには、必ず目標や目的があって行われています。それは「聴衆に何かを伝え」、その結果「何らかの変化」を期待するものです。「説得力のあるスピーチ」「伝えたいことが伝わるスピーチ」を実現するためには、「聴衆と心が通じ合うこと」が最も重要です。

たとえば、スピーチが失敗する原因の1つに「手元にある原稿をずっと見て話していた」ということがあげられます。そのような悩みを「プロンプター」で解決し、魅力的なスピーチにしてみませんか。

プロンプターとは

総理の記者会見や上場企業社長が透明なアクリル板を使いテレビの会見の様子が放送されていたのを目にしたことはありませんか?それが「スピーチプロンプター」です。仕掛は電子プロンプターでパソコンに表示された文字が透明なアクリル板に鏡のようにして映り、それを見ている、という仕組みになっています。

VIEW MORE

プロンプター
活用のポイント

プロンプターシステムを「単なるカンニングペーパー」としてではなく、スピーカーをコントロールする「演出装置」として使うことが、最も効果的な使い方です。 レイアウトの作り方次第で、ハーフミラーに映るカードは「スピーカーへの指示書」となり、スピーチの「間」の取り方や、話すスピードなど、スピーカーをコントロールすることができます。スピーカーは、カードの指示通りに読めばよいため、余裕が生まれ、その結果、聴衆への説得力が増し、スピーチを成功へと導くことができます。

VIEW MORE

選ばれる理由

海外では、記者会見や講演など大勢の人の前で話をする場合「スピーチプロンプター」を使用することが一般的ですが、日本では「大がかりで使い勝手が悪い…」、「コストパフォーマンスが悪い…」などの理由でニーズがあるにも関わらず、これまで一般的ではありませんでした。 弊社が販売するプロンプターシステムは、これらの問題を全て解決した画期的なシステムです。

  • 累計1,000社以上に導入
  • 運用ノウハウ
  • 専用ソフトで使いやすい
  • 国内生産で安心
  • 持ち運びOK
VIEW MORE

製品紹介